Home > 妊 娠 > 妊娠中のタバコとアルコール

妊娠中のタバコとアルコール

  • Posted by: yuzu
  • 2006年5月24日 04:30
  • 妊 娠

 妊娠中のタバコは、出来る限りやめたほうが良いと思います。

 なぜかと言いますと・・

  未熟児・低体重児の原因になります。

  妊娠中のアルコールは、知能障害や発育障害などを持つ

  胎児性アルコール症候群の赤ちゃんが生まれる可能性が高いようです。

  アルコールはグラスで1杯2杯くらいは良いといわれています。

  私はアルコールが大好きなので、アルコールが胎児にどのような悪影響なのか?と調べました。


  飲む量もすごく減らしました。子どものためですから!

 

タバコは赤ちゃんに悪影響です!

   妊娠中にタバコを吸っていると赤ちゃんが小さくなると言われています。

   未熟児などの原因になるとも言われています。

  それはなぜ?


   ニコチンが血管を収縮させて、血液で運ばれる酸素や栄養が赤ちゃんに

   届かなくなるためのようです。
   
  タバコにはニコチンのほかにいろいろな有害な物質が含まれています。

  妊娠がわかったらやめたほうが良いと思います。

  yuzuはタバコを吸ったことがないので、自分自身のタバコをやめると言うストレスはなかったです。
  
  タバコを吸う プレママにはとても考えさせられる問題ですよね。

  これから生まれてくる赤ちゃんのためですから、タバコを吸いたくなったら、

  ちょっと一呼吸!飴やガムを食べて赤ちゃんのためだから、この一本やめておこう!

  と、思って欲しいです。元気な赤ちゃんに会いたいですからね。

 

アルコールは毎日飲むのはやめよう!

   妊娠中にアルコールを毎日大量に飲み続けた場合に

   知能障害や発育障害などを持つ胎児性アルコール症候群の

   赤ちゃんが生まれる可能性がとても高いと言われています。

 

  それはなぜ?


   母親が飲んだアルコールが胎児にも届いて、アルコールを分解できないで

   胎児の体にたまってしまうからです。特に、胎児の脳に大脳皮質がつくられる

   妊娠初期から中期には特に注意です!!

  調べているうちに、私は禁酒しなくてはいけない・・ストレス~ストレス~

  と思い、どの位が大量の飲酒なのか?といろいろな本を読みあさりました。

  どの本にも、ビールやワインならグラスに1杯2杯は特に問題なし!

  ビール 大瓶3本   日本酒5合以上   なら 問題ありです。


  アルコールは1日で代謝させるので、体の中には残らないようです。

  しかし!毎日飲むのはやめたほうが良いでしょう。(私はそう決心した)

 

 私は、仕事が終わった後の食前酒が大好きで

 毎日ではないのですが、グラス2杯のビールは飲んでいました。

 特に問題なく元気な赤ちゃんが生まれました。本当に問題はないようです。

 (第一子も第二子も元気に生まれてきました。)

 第二子の誕生前には喫煙者だったパパがタバコをやめました。

 子供ためだからという理由です。のちにこの禁煙が良かったと思えるときがきました。

 第二子の息子がぜんそくという宣告を受けたからです。今ではお部屋はクリーン。

 たばこの煙も息子にとっては大敵です。こちらに日記を書いています。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yuzu.vivian.jp/cgi/mt5/mt-tb.cgi/14
Listed below are links to weblogs that reference
妊娠中のタバコとアルコール from 働くママyuzu 頑張るワーキングマザー

Home > 妊 娠 > 妊娠中のタバコとアルコール

Search
Feeds

Return to page top