Home > 子どもの病気 Archive

子どもの病気 Archive

気管支喘息『ぜんそく』

『 ぜんそく 』 

喘息ってよく聞きますよね。

喘息の治療はとっても長期間続きます。

良い薬があります。悪くならないように毎日、飲み続けなければなりません。

地道に続けることで、喘息の発作が起こらないように防ぐことができます。

喘息を起こす子は、何らかのアレルギーもあるかと思います。

息子の場合は 『 ほこりとハウスダスト 』 なので、

こまめな掃除は欠かせません。体質改善と生活環境改善をしていきたいと思います。

 

私が病院の先生から学んだことを皆さんにも報告していきたいと思います。

 

子どもの病気にて紹介いたします。

乳児湿疹

赤ちゃんの顔や体に赤いぶつぶつが 固まって出ます。
生後2、3週間~2ヶ月くらいの赤ちゃんに出るようです。

膿を持ったりかさぶたが付いていることも見られます。
すこしじくじくしてかゆみがあります。

この時期の皮膚炎は 湿疹やあせもなどが合わさったもののようなので
アレルギー体質とは関係ないようです。

我が家の 娘も息子も 乳児湿疹にかかりました。
当初はアレルギーだと思っていたので ミルクをすぐに変えました。

↓今でも続けて 飲んでいます↓
森永乳業)ペプチドミルクE赤ちゃん 820g

ミルクを変えなくても 
沐浴時に念入りに洗ってあげる程度で良かったようです。

病院の先生にも言われました。

1ヶ月 検診の時にはだいぶきれいに赤みがとれ
つるつるの赤ちゃん肌に戻りました。


一応 病院の先生に教えていただいた
ケア方法を載せておきます(参考まで・・・)

 娘と息子のように 軽い程度の湿疹の場合は
 清潔にしてあげるだけでOKです。
 お風呂のときに石鹸で洗うことと、
 ぬるま湯でガーゼをぬらし こまめに
 湿疹の箇所をふいてあげると治りが早いです。
 薬局で安いガーゼを用意して適度な大きさに
 カットして 数枚用意すると 便利です。

家庭でケアしても よくならないようでしたら
早めに小児科へ連れて行ってあげてください(*^-^*)
 

Index of all entries

Home > 子どもの病気 Archive

Search
Feeds

Return to page top